2018年6月22日金曜日

【MHF-Z】ついにMHFにもアオアシラが実装!


 次回アプデでミニゲームが実装されますが、ミニゲームの内容よりもしれっとアシラたんが実装されているのが気になってしまいました。
 狩猟対象としては出ないがミニゲームでは出るという、何となくMH4時代のガノトトスを思い出す登場の仕方です。

 この流れからすると、もしかするとアシラたん以外にも他の実実装モンスが登場するかもしれないですね。封印されし最強のモンスタードスギアノスとか。

 肝心の狩猟対象として登場するのかどうかは分かりませんけど、もし登場するのであれば是非、極み個体になって暴れまわって欲しいところです。
web拍手 by FC2

2018年6月19日火曜日

【MHF-Z】第128回カム韋駄天 ランス暫定4位でした

 以前、昔のカム韋駄天並みの韋駄天が来て欲しい的な事を記事にしましたが、運営にそのテレパシーが届いたのか…本当にカム韋駄天が来ましたね。

 また昔のように熱い韋駄天が楽しめるはず!昔のように今回も1位取ってやるわ!そう思い開催を楽しみにしてました。

 しかしながら…
  しかしながら…




(最終日朝6時時点)暫定4位【50"03】

 結果は暫定4位。惜しくもソード圏内には1歩届かずでした。確か54秒ぐらいの時点ではAランクの10位だったので、相当なダンゴ状態になっているようです。

 このタイムをご覧頂ければ分かる通り、前回のゲリョスに負けず劣らずの高速韋駄天です。討伐時間といい戦法といい…過去のカム韋駄天とは全く異なる物となります。
 今回は沼地という事で、BCからの移動込みでこのタイムですので、実際の戦闘時間は更に短いです。

ーーーーーーーーーーーー
■今回のフロー

使用武器:怒髪始閃槍【神無月】
装飾品:剣術が付くものなら何でも×2

●ステップ1. 開幕は頭を3回突いて怯ませる
●ステップ2. カキ氷スタイルにならないカムを引く
●ステップ3. ブレスやチャージ等その場を動かない行動を引いてひたすら頭を突く
●ステップ4. 怒り移行~討伐まで

ーーーーーーーーーーーー
ステップ1. 開幕は頭を3回突いて怯ませる

・開始後、挨拶がてらに頭を3回突いて1回目の怯みを取る(2発とも会心が出れば2回で怯む)
・開幕の行動はブレスが理想だが、カキ氷にならなければ何でもいい
・怯みを取る前に反撃されたらリタ

ステップ2. カキ氷スタイルにならないカムを引く

・G級カムは脚を凍結させて自らをカキ氷にする
・この状態では脚の肉質が変化するが、どう見ても氷を纏っていないはずの頭まで硬化する
・硬化されることにより頭に弱点特効も効かなくなる
・よって、この行動をされたら即リタイア

ステップ3. ブレスやチャージ等その場を動かない行動を引いてひたすら頭を突く

・カムの主な攻撃は盆踊り、連続パンチ、飛び掛かり、タックル、棘飛ばし、ブレス、そしてG級行動のチャージ等々
・これらの内、ブレスとチャージはどうぞ頭を攻撃してくださいといわんばかりの無抵抗
・逆にこの2つ以外は回避後すぐに頭を攻撃できず、行動によるロスが激しい
・よって、ブレスかチャージを連発してくれるカムを引き、頭を攻撃しまくる

ステップ4. 怒り移行~討伐まで

・頭破壊後、怒り咆哮するまでの間に頭を上段突き×3→咆哮回避
・回避後、カムが軸合わせをしてくれれば、そのまま上段突き×3で頭怯みを取る(ここで怯ませる前にノーモーションタックル等で吹っ飛ばされたらリタ)
・怒り状態中はチャージ行動せず、ブレスもほぼ使用しなくなる。
・討伐までにカムは最低1回は動くので、その行動を上手く捌いて頭を突けるか。ここは唯一のガチ勝負かもしれない

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 以上が今回のフローです。

 簡単に言ってしまうと、100%中95%はゴリ押しです。体力がかなり少ないのもありますが、G級行動であるチャージがただのボーナス行動になっており、それが更にゴリ押しに拍車をかけてしまっている印象です。
 PSが要求される場面があるとするなら頭への精度でしょうか。意外と胴体や背中に吸われやすい(特にチャージ中は頭が微妙に動くので吸われやすい)ので正確に頭を突けるかどうかが重要になります。

 それに加えて武器の会心率もあるため、良行動と会心運を同時に制覇しなければならない。例えば会心が3回出れば突き回数を1回減らせるだけだとしても、高速韋駄天ではその1回の突きが順位を大きく変えることもあるので、正直かなり辛い戦いでした。


 とは言え、仮に神行動と神会心を同時に引けたとしても、そこで自分が理想かつ完璧な動きが出来るのか?と言われれば答えはノーです。
 実際、このタイムが出た時もかなり良い個体だったとは思いますが、トドメになるはずのフィニッシュ突きが頭ではなく胴体に吸われてしまい、その後1発突いたら討伐という感じでした。
 あそこで頭に命中していれば討伐出来ていたと思うので、そういう極限な場面でやはり自分のPSが物を言うのかなと思います。

 「完璧な個体が来たときに完璧な動きをする」
 
 言葉にすると単純だけど、実はすごく難しいことです。
 
 ということで今回もお疲れ様でした。
web拍手 by FC2

2018年6月7日木曜日

【MHF-Z】辿異煌然ランスの進捗


 今回のアプデで追加された辿異進化武器。

 玲瓏ランスを先に作るかどうか悩んだのですが、いざって時はリーチシジルでも付けりゃいいだろう的なノリで、辿異煌然の強化を開始しました。
 確か派生させる前には300万ゲキぐらいあったのですが、そこから全部つぎ込んでもLv.15までしか強化できませんでした。

 Lv.15がどれぐらいの進捗なのかは分かりませんが、ポケモンで例えるならマサラタウンを出発して最初の草むらを歩いてる辺りでしょうか。
 300万ゲキをつぎ込んでも最初のジムリーダーにすら到達出来ない現実。そしてゴールまでにはジムリーダーが8人も残っている。あと四天王とチャンピオンもいるんだっけか。僕が杉下右京さんだったら思わず「はいぃ?」と言ってしまいそうなレベルです。


 あぁ、憧れの~ポケモンマスターになんたらかんたら~♪
web拍手 by FC2

2018年6月5日火曜日

【MHF-Z】GR800 辿異種ガスラバズラ ランスソロ攻略





使用装備
辿異進化槍Lv.15
イナガミZXヘルム     (未)   Lv1  0 ●●● 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍
イナガミZXメイル     (未)   Lv1  0 ●●● 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍, ラヴィ狂剣珠GX2
ナルガGXアーム      (遷GX)  Lv7 419 ●●● ラヴィ狂剣珠GX2, ラヴィ射珠GX2, ラヴィ射珠GX2
白ノ穿光ZPコイル     (未)   Lv1  0 ●●● ラヴィ剣珠GX2, パシオ剣珠GX2, 祖龍剣珠GX1
チアリムZPフット     (ガZP)  Lv1 398 ●●● パシオ剣珠GX3, リエブレ剣珠GX5, 鬼穿剣珠GX3
服Pスロット2                 ★★  雌伏強化カフSZ

防御値:817 スロット:●15○0 火:-2 水:8 雷:-7 氷:8 龍:8

辿異スキル
スキル枠拡張+3,閃転強化+1,巧撃強化+1,雌伏強化

自動発動スキル
回避性能+2

発動スキル
槍技【天槍】,不退ノ構,剛撃+5,纏雷,猛進
剣神+2,豪放+2,一匹狼,吸血+1,一点突破
氷界創生,巧撃,幕無,閃転,雌伏

ーーーーーーーーーーーーーー
【戦い方】

▼非怒り時
 非怒り時のポイントは以下の4つ。

1.立ち位置は前脚の近くを維持する。以下の画像の通り。


 この位置を維持する理由としては横噛みつき対策。横噛みつきは頭の先端しか判定がないため、この位置であれば横噛みつきが来ても勝手に空振りしてくれる。
 ガスラが噛みつきをしてきた際、自分の頭上をガスラの首が通過するようなイメージ。

2.非怒り時はノーモーション攻撃の塊
 非怒り時は全くと言っていいほど軸合わせを行わない。それを考慮して手数は控えめ気味に動く。
 特に砂飛ばし→超咆哮は攻撃の出が早いので、「次はこの攻撃が来る」という前提で動いておくと反応しやすい。

 右手でやってきたら左側回避、逆に左手でやってきたら右側回避といった感じで、砂を飛ばしてきた手の逆側へステップすると安定して回避出来る。
 慣れればレウスレイアの尻尾回転と同じ感覚で避けれる。

3.近距離で軸合わせをしたらジャンプ毒飛ばし
 G級個体から存在するジャンプ毒飛ばし。地味に距離が離される上、毒の持続時間も長いので厄介だが、これは必ず軸合わせを行う。
 非怒り時のときに軸合わせをした場合、この攻撃が来る事を見越して抜刀ダッシュでジャンプ先に先回りしておくと無駄がない。

4.もぐら叩きは近くに来た場合のみ反撃
 ランスは抜刀ダッシュがそこまで早くないので、近くで頭を出した時のみ叩く。シールドバッシュで殴るとスタンが取れるので突くよりもお得。
 叩けなかった場合、足元から毒爆発→飛び出しの2回攻撃をしてくるが、この内、2回目の飛び出しはガードを捲ってくる。
 毒爆発は正面ガードし、すぐに後ろを向くことで捲られずに済む。

ーーーーーーーーー
▼怒り時
 5つのポイントあり。

1.ガスラの右手側(向かって左側)に陣取る
 理由としては右脚で四股踏みをしてこないため。
 四股踏みは落とし穴も同時に作成する。左脚側にいると当然近くに落とし穴が作成されるため非常に動きづらくなるが、右脚側であればその心配も無用。震動判定だけ回避すればいい。

2.軸合わせをしたら打ち上げコンボに警戒
 辿異種の新コンボである地面持ち上げ→拍手で砕くコンボ。これは軸合わせをした後でしか行わない。通常の振り向きはもちろん、酔っ払いのような横移動、アビやギアのような前進振り向きも軸合わせに該当。
 とりあえず軸合わせをしたら打ち上げてくるなぁ、と考えておくと反応しやすいかも。

3.ブルドーザーはガスラに接近していれば封印可能
 即死攻撃の1つであるブルドーザー。これはガスラに接近していればやってこない。HCドラの突進封印と同じ感じ。ちゃんと張り付いていれば恐れることなくゴリ押し可能。

4.拍手フェイントに釣られても強引に回避可能
 ★4個体は拍手をフェイントしてくる。フェイント部分をうっかりステップしてしまっても、次のステップ回避を出すことで本命の拍手を回避可能。

5.怒り解除のタイミングはBGMで判断する
 ★4個体の場合、最速で怒り移行させていれば、BGMの2週目のサビが終わり、3周目のループが開始した辺りで怒り解除する。BGMで怒り解除タイミングを掴めるので、この辺で正面からずれておけば生き埋めされずに済む。

▼その他
・土砂崩れは基本的にランダム発生だが、ガスラがアリ地獄ダイソンをしてきた場合、かなりの確率で土砂崩れが発生する…ような気がする

ーーーーーーーーーー
 とりあえず6ラスタ討伐。通常個体と弱点が変わっていない想定で前脚狙いにしましたが、最近の辿異モンスの中ではかなりタフいですね。5ラスタはちょっと難しそう。
 
 ランスとの相性は良いほうだと思いますが、同じ毒使いの辿異ナスとは別の意味で事故率が高いモンスターかなと思います。

 道で出てきたらあんまり選択したくないモンスターかもしれません。
web拍手 by FC2

2018年5月21日月曜日

【MHF-Z】大剣で極ラヴィが面白い

 2本目の進化武器は皆大好き玲瓏大剣を作成しました。1本目は余裕でランスだったんですが、2本目はラヴィでも活躍できる武器がいいなぁと思い、大剣を選択した次第です。

 単純にラヴィで担ぐだけだったらハンマーや笛という選ばれし戦士達もいるわけですが、ガード大好きマンの自分としては大剣だろうと。もうガード無しでは生きていけません。まぁ既に死にまくってるけど。


 大剣でやる上で雌伏回収や維持はもちろん、開幕行動のガードを安定させたり、結晶をしっかり破壊する使命があったりと覚える事は多いですが、戦闘自体は面白いです。
 大剣の何が面白いかっていうと、他の武器では手出し出来ない場面でも、大剣なら無理やり攻撃できる事が面白い。例えば以下のような場面です。

ーーーーーーーーーー
・石礫で皆がダイブしている中、大剣で連続ガード→反転して振り下ろしを当てていく
・咆哮時に降って来る嫌らしい棘爆弾も美味しい攻撃チャンスに(少しずれて着弾判定だけ吸う感じ)
・その後の爆発も関係なくガード
・位置調整時の微妙な削りすらもガードして攻撃チャンス
・怒り時の電撃ビリビリもタイミングを合わせてガードできちゃう
ーーーーーーーーーー

 特に石礫が腕の見せ所ですね。かなりの速さで連打する必要があるので難しいですが、輝烈剣まで発動できた時は非常に快感です。
 下2つは溜め中に来る事も多いので運要素もありますが、自分とラヴィの動きが上手く噛み合った場合は狙ってみる価値があるかなーと。

 変態クラスの人にもなると、これらを華麗に刹那できちゃったりするんでしょうけれど、残念ながら自分はたまにしか刹那出来ません。

 こんな感じで遊んでいるだけであっという間に撃も貯まっていくし、今のところ作業感も感じずにやれてます。どのゲームにも同じ事が言えますが、慣れ始めた頃が一番楽しい。
web拍手 by FC2

2018年5月18日金曜日

【MHF-Z】韋駄天は2位のままでした&昔のカム韋駄天を越える韋駄天をください

 久しぶりに勝ち組になれた勢いで忘れておりましたが、褒賞祭は韋駄天の結果発表の日でもありましたね。
 結果としては、最終暫定のまま変動がなく2位のままでした。1位の方もそうでない方もおめでとう!


 で、最近はどうやら次回のモンスターの予告もしているようで、公式で確認してみたのですが…。


 毒+閃光という、どう考えても頭にピーナッツを乗せたチキン野郎しか思いつきません。今回以上の短期戦になる予感がするし、これがせめて特異個体ならなぁとしみじみ思います。


 このまま全ランクのGモンスを一周するのかどうかは分かりませんが、自分としてはそろそろ昔のカム韋駄天やドラ韋駄天並みの高難度韋駄天がやりたくてウズウズしているところです。
 思い出補正もあるかもしれませんが、特にカムは自身のPSがしっかりと順位に反映される最高の韋駄天だったと思ってます。あれを超える韋駄天には未だ出会えません。

 一通りのネタを出し尽くしたらオウガやナルガの遷悠種、そして辿異種が来るかもだし、それらの強敵韋駄天に期待ですね。
web拍手 by FC2

2018年5月7日月曜日

これが辿異種ファルノックだ


 

 とあるお方から頂戴した力作。
 僕にとっては宝物のようなものです。
 
web拍手 by FC2

2018年5月5日土曜日

【MHF-Z】第126回G級韋駄天杯 金獅子討伐G! ランス暫定2位

 プレミアムとラヴィが被っている中、久しぶりにランスで韋駄天に参加してみました。GW中ということで1日長い開催にはなりますが、どうせやるならソード圏内を目指してやろうと!

 今回の相手はラージャン。GW=金=ラージャンっていうことなんでしょうか。団韋駄天のほうも金銀夫婦だし。







(最終日朝6時時点)暫定2位【1'16"60】

ーーーーーーーーーーーー
■今回のフロー

 大きく分けて以下の3つです。

●ステップ1. 攻撃を食らって火事場を発動する
●ステップ2. 尻尾を切断する
●ステップ3. ステップで逃げ回らないラーを引く

 この3つのステップについて具体的に見ていきます。

ーーーーーーーーーーーー
ステップ1. 攻撃を食らって火事場を発動する

・何もアイテムを取らずに突入
・発覚怯みを前転キャンセル
・ラーの顔面を1発攻撃しつつ適当に攻撃を食らって火事場発動する
・攻撃は溜めブレスが理想(火事場発動後、尻尾にジャンプ突きを当てられる)だが、1発目の攻撃で火事場に出来れば何でもいい
・攻撃ではなくステップされたらリタ


ステップ2. 尻尾を切断する

・ラーは怒り時になるとステップの頻度が減って戦いやすくなるが、代わりに防御率が0.8になるためダメージが減少する
・この防御率低下を防ぐため、尻尾切断を狙う
・可能であれば20秒台で切断したい。40秒過ぎてしまったらリタ


ステップ3. ステップで逃げ回らないラーを引く

・上記の通り非怒りはステップの頻度が上昇するため、無駄に逃げ回られる事が多くなる
・そして今回は1分10秒台で決着がつくほどの高速韋駄天なので、基本的にはステップされないことが前提になる(逃げ回られた時点でアウト)
・その場でデンプシーやボディプレスなどを連発してくれるラーを引いて、それをボコる
・ステップは立ち位置などで封印する事ができず、ラーが良い行動をしてくれるのを待つしかない。ここは完全に運次第

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 最終日の12時更新が行われているのかどうか分かりませんが、朝6時時点での暫定2位で終了。2~4位を行ったり来たりするのを繰り返しており、1位の背中は結局見えずに終わりました。
 デンプシーを1発食らってしまっているので、あと2,3秒は縮むかと思いますが、コレ以降理想の個体が来ないまま終わりました。

 やってて思ったのは、「ラージャンとはもう少し長期戦の韋駄天で戦いたかった」っていうこと。
 ラーに限らず、他の牙獣種のステップや甲殻種の潜り等でも同じ事が言えるのですが、今回のような高速韋駄天になるとどうしてもハズレ行動が目立ってしまいますね。これが長期戦の韋駄天であればそこまで気にしなくてもいいのですが…。

 
 色々思う事はあったけれど、更新ペースが来た時の緊張感、そしてタイムを更新出来たときの達成感は韋駄天でしか味わえない醍醐味ですね。
 参加者の皆さんお疲れ様でした。
web拍手 by FC2

2018年4月24日火曜日

【MHW】アイテムボックスで絵を作って遊ぶ

 突然ですが、自分のアイテムボックスの中身を紹介します。

 ただの宝玉の在庫自慢?それとも一面こげ肉だらけ?
 いいえ、コレです。


 そう、ランスのアイコン!(つもりで作りました。)
 武器や防具同様、アイテムも自由に並び替えが行えるので、それを利用して絵や文字を作れるという感じです。

 ページ自体はそこまで広くないので多少不恰好にはなりますが、上記のように愛用武器だったり、はたまた好きな人の名前だったり、ある程度の形は作れます。こうしてみるとやはりランスはアイコンもカッコいいですね。
 
 あとは以下のも作れます。


 「MHW」


 おっと、コイツはトップシークレットDA

 たまにはこういう狩り以外の遊びも面白い。アイテムの配色とか上手く考えればモンスターのドット絵なんかも作れそうですね。
 ちなみに秘薬とかアイテムが探しづらいという苦情は無しでお願いします。
web拍手 by FC2

2018年4月22日日曜日

【MHW】マム・タロト

 MHWの新モンスター、マム・タロトに行ってきました。既存よりも新モンス追加して欲しいなぁと以前の記事で書いた覚えがありましたが、発売から約三ヵ月後にようやく登場しましたね。
 その特徴的な名前から、「マム太郎」とどこかのハムスターっぽいあだ名も付いているようです。リボンちゃん可愛かったのだ。


 序盤こそ超大型モンスらしく環境やギミックを駆使していくだけですが、ガチ勝負になる最終形態は中々の歯応え。ブレス以外はほぼ死ぬ要素はないのですが、そのブレスが非常に厄介。俺がマム太郎だったらずっとブレスだけしてるわwwwっていうぐらい厄介。
 確定パターン的なものがあるのか分かりませんが、自分は大人しくガード強化を付けてやり過ごしてます。ガード性能3とガード強化を両立した上で、ガード中に歩いておけばスタミナ切れにもならないので割と安定して戦えてます。

 自分はエリア1の出現位置だったり対応や落石ポイントがまだ完全に覚え切れておらず時間掛けすぎてしまうので、そこをもうちょ練習したいですね。

 最終形態は程よい緊張感があって好きなのですが、鑑定武器のためにコイツ一匹をひたすら連戦しなきゃいけないのを考えると気が遠くなりそうですね。自分は外装装備とマム防具を揃えたらゴールでもいいかなぁというぐらいの気持ちです。


 早くもレア8のランスを引けましたが、あんまりそそられない性能。


 クリア後、マムが壁を破壊して逃走するのですが、その逃走先を調査した結果、雪山とか新しいフィールドが発見した!という展開があったら胸熱ですね。
web拍手 by FC2

2018年4月16日月曜日

【MHF-Z】道の辿異ドラはボーナスステージ

 道ソロモードで時々出現してくれるボーナスステージの辿異ドラ。後半のステージで出てきてくれるとテンション上がりまくりです。

 ...ん?チャチャブー?なんですかそれ?



 後半の辿異種って10分以上かけるぐらいかなーり慎重に立ち回らないと危険ですが、ドラ相手ならそんなの関係無しにゴリ押ししまくり。非火事場でも6分ぐらいで沈んでくれるし、ポイントも美味い。


 ルコも個人的には楽な相手。タフくて集中力が切れやすいのに注意すればトンボの羽が生えたトカゲになります。とはいえ岩のない辿異種だからこそなので、これがHC個体だったらエルゼ並みに選びたくない相手だったかもしれない。

 この2頭はどちらも裸で討伐していたのですが、やはりその成果があったのかなと。裸でやると回避タイミングだったり、当たり判定といった知識が嫌でも身に染みるので、道で出てきても落ち着いて立ち回れるようになります。落ち着けるぐらい余裕が出来るのは疲れやすく緊張しやすい道にとっては料理の調味料的な感じで大事な要素です。
web拍手 by FC2

【MHF-Z】狩煉道ソロモード 183ステージで7位だそうです

 最近やり始めた狩煉道ソロモード。最新記録は114ステージで26位とかそれぐらいの順位でした。
 100ステージ自体は突破していたので称号は獲得出来てますが、どうせなら10位以内に入りたいという欲がウズウズしてきて、気合を入れてやってみることに。韋駄天もそうですけど、こういうのって10位以内に載りたくなっちゃいますよね。

 装備は以下。


 辿異スキルはガード性能強化と枠拡張。これに団飯で激励も付与。属性耐性は1個も55にいってません!そのため属性やられ=死を意味します。とはいえ800辿異種も10分以内に終わるぐらい火力を出せるので、ゴリ押し太郎な自分にはピッタリです。

 で、結果としては183ステージまで行けました。これで7位



 ここまで来たら200まで...と思ったのですが、残機が1つしか残っておらず時間もヤバかったのでココで終了。ひとまず10位以内には入れたので満足。
 掛かった時間ですが、15時ぐらいから開始して21時前後までやっていたので、約6,7時間ぐらい。本気でやるとするなら朝から始めないと時間的にきびC-ですね。1位は徹夜でやっているんだろうか...。

 登場モンスターは大分増えてきて、得意不得意は人それぞれかと思いますが、個人的に事故率が高いモンスはテオ。怒りモーションの周囲爆破の際、設置粉塵があるとそれも遅れて爆発しますが、それを忘れていて爆殺される事が多かったです。
 この仕様を覚えていても、道を長時間やっているといつの間にか頭から抜けがちなので、テオを選択する際は常に粉塵を意識したいところです。そこさえ注意すれば古龍では戦いやすいほう。

 ん?エルゼリオン?あれは選択しないのが正解です。ルーツと一緒に出て来た時は3秒でルーツを選びましょう。
web拍手 by FC2

2018年4月11日水曜日

【MHW】ヴァルハザク 裸ランスソロ攻略

 最近裸が多いような気がしますが、気のせいです。  

 装飾品集めで歴戦ヴァルハザクなどをやっていたのですが、ランスと中々相性良いように感じたので、通常クエで遊んでみました。    
 ガンナーならともかく、剣士だと瘴気耐性がないと危なっかしいヴァルハザクに裸なんてストレスやばいんじゃない?と思ってましたが、実際にやってみると意外と気になりませんでした。それよりもラフィノスが一番怖い。


 



ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヴァルハザクの立ち回りとか

 まず瘴気ですが、基本的に防ぎようがないです。しかし体力が半分になっても直撃orガード削りを連続で受けなければ裸でも死なず、瘴気自体のダメージも微々たる物。
 よって瘴気は必要経費と開き直り、ガード削りさえ貰わなければOKでしょう。

 個人的にハザクで怖い攻撃は以下の2つ。

・尻尾振り→振り向き猫パンチ
・薙ぎ払い噛み付き

▼尻尾振り→振り向き猫パンチについて
 ランスで...というか剣士系であれば最も警戒すべき攻撃だと思う。猫パンチは大したことないが、尻尾の判定がかなり強烈。出始めから判定があり、尚且つダメージもかなり高い。歴戦クエをやっているとこの攻撃で乙る人が多い。

 簡単な対処法としては尻尾先端に立たないこと。この位置にいると高確率で誘発する上、回避しづらくなる。

 他には以下の対処法も有効。

●密着して腹下にしっかり潜りこむ
 尻尾の判定があるのは真ん中~先端部分のみで、尻尾根元には判定がない。
 よって突進orガードダッシュ→飛び込み突きでしっかりと潜りこむように意識しておくだけで当たらなくなる。

●少し左にずれておく
 尻尾は右~左に向かって薙ぎ払うため、尻尾が来るのが遅い左側であれば回避する時間を多少稼げる。ただし猫パンチは逆に左側から来るので、尻尾回避後は右側に逃げる必要がある。

 上の2つを意識しておくと被弾率もかなり減る。寧ろあえてこの攻撃を誘発させることで逆に攻撃チャンスにも出来たりする。

ーーーーーーーーーー
▼薙ぎ払い噛み付きについて
 この攻撃の特徴は以下。

1.多段HITする
2.モーション出始め~中点部分まではガード性能がないと削られる
3.終点は威力が低く削られない
4.真下には判定が無い

 ガード削りがある上に多段HITまでするので、目の前でうっかりパワーガードしてしまうとごっそり削られるハメになる。
 ここで活躍するのがガードダッシュ。ハザクの前方であれば腹下へ突っ込むように。腹横であれば尻尾側へ向かうようにして移動すると削られずに済む。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 全体的にハザクの左側(向かって右側)に陣取るとやりやすいです。ラフィノスについては途中で復活するものの、復活したら画面下にモンスターアイコンが再表示されるので、再表示されたら駆除する準備。
 瘴気吸引が来た場合、何もせずともラフィノスを全滅させてくれるので、あえて怯ませずにアイテム使用しながら見守るのもありかと思います。


 動きが遅い分、最初は何をしているのか分からなかったり、「今なんの攻撃食らったの!?」みたいな状態にある相手ですが、どこにどういう判定があるのかを理解して動けば程よいサンドバッグになってくれます。
 瘴気のダメージや雑魚の多さは嫌らしいですが、動き自体は旧作のグラビモスやオオナズチに近いイメージがあって自分は好きです。
web拍手 by FC2

2018年4月1日日曜日

【MHF-Z】彩の滝のエリア4が旧密林のBCにそっくり

 フレさんとの辿異トリド中に思わず撮ってしまったSS。


 ネタ画像でなければ今話題のエイプリルフールクエでもない、ただの彩の滝なんですが、エリア構成といい、雰囲気といい、旧密林のBCに似ていてSSを撮ってしまいました。そういえばここのマップを通るのって初めてな気がする。

 このSSだけでは完全に伝わらないのが残念無念ですが、背景奥まで続く左手の滝、そして崖になっている足場は旧密林を思わせるものがあります。
 旧密林は視界があまり良くないせいで戦いづらいマップではありましたが、戦闘BGMはカッコよく、雰囲気は好きなマップでした。初めてクックと遭遇するのも旧密林ですしね。

 このエリアにモンスが来るのかどうか分からないですが、狭い部分も多くまぁ戦闘向きのエリアではないかなと。彩の滝自体はタマミツネとかが来ても違和感はなさそうですね。

 トウモロコシはお菓子。
web拍手 by FC2

2018年3月19日月曜日

【MHF-Z】☆4辿異種ドラギュロス 裸ソロ 火事場ランス編



youtube版


 
 ワールドではイビルジョーとバゼルギウスが縄張り争いを繰り広げているようですが、一方で自分はドラちゃんと縄張り争いをしてました。

 裸討伐自体はすでにクリアしているので、今回は火事場も使用してタイムアタック風に。目標は15分針。
 火事場しようがしなかろうが1発食らった時点で死ぬのは変わりないのですが、火事場だとガード時の削りダメージでも余裕で死ねる(非火事場なら耐えられる)ため、刹那を全て成功させる前提で挑まなければなりません。刹那を失敗したら切ない気分になれます、刹那(せつな)だけにな!


 といっても、ドラはガードを削られない攻撃も多く、極太ビーム以外は全て回避性能無しで回避可能。そして風圧や振動といった妨害系も無し。よってガード削りがある攻撃さえ抑えておけばOKでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーー
▼削られる攻撃まとめ
・打ち上げコンボ(地盤捲りは削られない)
・直線ビーム
・鉤爪打ち上げ~薙ぎ払いビーム(ビームはガード不能)
・ドラキック(開幕、旋回の2種類)
・超咆哮
・左右翼叩き付け→ボディプレス(頭破壊後は削られなくなる)

 上記6つの攻撃が該当(これでも辿異種の中では少ない方)
ーーーーーーーーーーーーーーー

 裸と言えど、基本的にやるべき事はガチ装備の時と変わりません。削られる攻撃に関してはきっちりと刹那を決めるor回避していき、頭を狙っていくという普段通りの立ち回りをこなしていけばいいだけ。
 火力の都合上どうしても長期戦になってしまうので、どちらかというと「同じ立ち回りをずっと維持し続けられる集中力」が大事になってきます。そこが裸の難しい部分でもあり、そして面白い部分でもあります。

 
 結果的に今回の討伐タイムは20分25秒ぐらい。15分針を目指してたんですが、滑空がもう少し少なければ19分台に届いただろうか。
 刹那も1回失敗しているので、機会があればまたやり直すかもしれません。
web拍手 by FC2

2018年3月12日月曜日

【MHF-Z】辿異ドラは打ち上げコンボ中に体が埋まっちゃうドジッ子

 辿異ドラを象徴する打ち上げコンボ。一見すると恐ろしさしかない攻撃ですが、実はコマ送りにして再生してみると大変愉快な光景が見れます。


 これが地面に着地する瞬間。この時点ですでに片足が埋まってますが問題は次のシーン。


 完全に埋まります。頭の位置といい翼のポーズといい、もう間抜けなシーンにしか見えない。


 次のシーンになると一瞬で抜け出して放電。この次ぐらいに判定が出る気がする。

 以上。現場からお送りしました。
web拍手 by FC2

2018年3月10日土曜日

【MHF-Z】☆4辿異種ドラギュロス 裸ソロ討伐 ガンランス編



▼基本的な動き
・ガード突きメインでやる
・ランス同様、まずは頭狙い
・HBは隙を見つけて発動したい(確定威嚇や旋回ドラキック後の羽ばたき時など)
・斬れ味が緑色になると、非怒り時では頭が弾かれるため、そうなったら砥ぐorHB発動まで耐える
・モドリ玉を使って砥ぐのもあり

▼ここはこうしたい!的な動き
・頭破壊前の鉤爪叩き付けは、ドラが壁際にいるかそうでないかで対処法を変える

壁際にいない場合:
鉤爪を叩きつけると同時に刹那発動でOK。すると刹那の反射が大量に発動し、全て翼にHITする

壁際にいる場合:
ドラが壁際にいる場合は高確率でガードが捲られる。そのため回避する必要がある。ここで砲撃ブーストの出番

※頭破壊後は位置に関係なく全て回避したほうが無難

・非怒り時の直線ビームについて
ビームを1回吐く→次は高確率で電撃噛み付き。
ビームを刹那→ガード突き×2→噛み付きを刹那→ガード突き×3が綺麗に決まる
噛み付きが来ない場合、大抵は軸合わせをするので、その時はガード突きをもう1発欲張れる

・怒り時のビームについて
ビームを3連続で吐いてくる
ビームを刹那→ガード突き×1→ビーム刹那→ガード突き×1...
上記のようにビームとビームの合間にガード突きを1発置いておく

・3連続or4連続コンボは極竜滅砲を決めるチャンス
打ち上げを刹那→地面捲りの直前に着火→ガード判定で地面捲りと放電を同時ガード→装填しまくる→威嚇中に極竜滅砲がHIT!

刹那を決めると反射ダメージが頭にHITするので更にダメージも期待できる。
冷却が終わっていないor毒にしたい場合は極竜滅砲を撃たず、刹那でいなしつつ頭を攻撃してもいいし、斬れ味に不安があれば砥いでも良し、HBを発動しても良しと、実はかなり美味しい攻撃。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 以上、ガンランス編です。

 ガード突きのおかげで割と欲張れる場面が多々あり、咄嗟に回避したい場面でも砲撃ブーストという素敵なモーションもあるので、立ち回り自体はランスよりも安定して戦えました。極竜滅砲もダメージもいい感じに入っている印象。

 しかしながらHBがあるとは言え斬れ味の消耗が激しく、砥石の使用タイミングが非常に悩む戦いでした。安定して砥げるのは4連コンボ後なのですが、頭を破壊するとコンボの頻度が減るため、次のHBが発動できるまで何も出来なかった...という胃が痛くなる場面もけっこうありました。
 今から思うと、秘伝書効果で斬れ味全快をつけても良かったかもしれないですね。会心つけてもどうせHBで100%になるわけですし。

 今回はかなーりチキン気味にやりましたが、もしかするとまだまだ砥ぐチャンスや極竜滅砲を撃てるチャンスがあるかもしれません。そうなればもっと縮まりそう。

 とりあえず裸ドラは楽しいのでオススメです!
web拍手 by FC2

2018年3月9日金曜日

【MHW】プケプケの顎

 モンハンで「顎」と言えば、ウラガンキンやワールドからの新モンスであるラドバルキンを連想しますが、ここに来てもう一匹の顎モンスターが爆誕しました。


 ご覧くださいこの熟した果実のような顎を。ガンキン達に比べるとインパクトは小さいですが、それでも他のモンスに比べると顎が目立ち、武器として攻撃してきても違和感が無い雰囲気が伝わってくると思います。大きさだけでなく、よく見ると顎の模様もなかなかにグロテスク。

 通常はこんなに膨れ上がっていないようですが、何らかの実を食べる?とこのように膨れ上がる様子。現実世界の鳥類に例えるならペリカンっぽい。鳥らしさが全く無いプケプケですが、こんな部分に鳥の要素があったわけですね。
web拍手 by FC2

2018年3月8日木曜日

【MHF-Z】辿異種ドラギュロス ランスソロ(火事場ver)




 裸の記事が先になってしまいましたが、先週土曜日に撮った動画です。

ーーーーーーーーーーーーーーー
■ドラについて

・肉質は頭も尻尾も同じ疑惑
 裸でやってて気付いたのですが、頭、尻尾、翼でヒットストップが変わらず、副尾が硬化しているようです(青ゲージで出血無し)。
 よって無理に尻尾を狙う必要は無く、頭でも翼でも狙いやすい部位をどんどん狙った方が良さそうです。

・軸合わせの有無で攻撃を見分ける
 代表的なのは鉤爪拘束。あれは軸合わせをした後でしか行ってきません。

ドラの攻撃を裁いて反撃
    ↓
ドラの攻撃が終了するタイミングでこちらも手を止め、様子見する
    ↓
軸合わせをせずに攻撃した場合はそれに合わせて対処
    ↓
軸合わせをした場合、まずは鉤爪拘束が来ると意識しておく。違ったらそれに合わせて対処を変える

 こんなフローで自分は動いてました。

・超咆哮のタイミングに注意
 ドラで地味に引っ掛かりやすいのが超咆哮。ドラは比較的攻撃判定が早い攻撃が多いのですが、咆哮だけは別でかなり遅めに避ける必要があり、このタイミングの違いが絶妙な難しさを作ってます。
 他の攻撃のタイミングに慣れてきたあたりで咆哮が飛んでくるので、余計に惑わされやすいです。

・打ち上げ→薙ぎ払いビームは真下に避ける
 薙ぎ払いビームはガード性能ないとガード不可能。これは位置取り回避で対処します。

1.最初の鉤爪を真下に潜りこむ様にして対処する
 一番楽なのはガードダッシュでガードしつつ潜り込んでしまう事。他にはバックステッポで潜りこむ手もある

2.真下でビームをやり過ごす

 ビーム本体だけでなく、顔横や首下まで判定があるのに注意。薙ぎ払い後に頭へ張り付くのが難しく、苦手な攻撃の1つ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

 今までのドラはどちらかと言うとガードより回避寄りなモンスでしたが、辿異種になってからはガード主体でも十分立ち回れるようになり、なんとなく辿異ザザミ的な面白さもあります。

 刹那のタイミングも分かりやすい攻撃が多いため、「刹那の練習」としても最適なモンスです。
web拍手 by FC2

2018年3月7日水曜日

【MHF-Z】裸ランスで800辿異ドラを討伐してやった

必要なもの

・集中力
・ドラへの愛
・少年の心



 表題通りです。ドラは思い入れがあるモンスなので頑張りました!非火事場なのに思ったよりも早く討伐できてビックリドンキー。
 これで辿異裸はミド、ルコに続いて3匹目となるのですが、ガード性能無しでも削られない攻撃が多く、ルコのように弾かれからの死亡確定コースもないので、実際にやってみるとルコ達よりも全然楽でした。2乙してるけどな!

 歌姫スキルは無し…というか先週歌姫何もやってなかったので聴けない。団飯では女神を付けて行きましたが、あんまり意味無し。

 今回は頭破壊をしましたが、頭を壊してしまえば勝ち確定!…と思わせておいて、寧ろ破壊後が勝負です。スピードの変化には慣れたのですが、鉤爪叩き付けが大幅に強化される(当たり判定が変化して捲られるのと、回避タイミングが更に遅くなる)のが一番厄介でした。
 とは言え、総合的に見れば頭破壊してしまったほうがやりやすいのと、頭に張り付けば左右翼叩き付けも封印出来るので、自分は頭狙いでやってます。


 幻や覇種と違って龍風圧がなくなったり、キックやビームがガード性能不要になったのもありますが、滑空の本体判定が消えたのがやりやすいかなと。あれは判定時間が微妙に長いため回避性能無しでは避けられず、幻ドラの裸もそれで断念したので、もし辿異も判定がそのまま残っていたら絶対に裸は無理だったと思います。

 さて、今度はガンスでやってみるかな!

ーーーーーーーーーーーーーーー
以下、裸でやっていた時のメモ

・極太ビームは一定体力毎に発動。頭破壊後にやってくる時まで追い詰めれば討伐寸前
・3連or4連コンボ後は威嚇するが、威嚇と怒り解除タイミングが被った場合、怒り解除の咆哮が優先されるため威嚇が消える
・旋回ドラキックを2連続でやってきた後の羽ばたき後、尻尾付近にいると、次は高確率で尻尾ビターンを誘える

ーーーーーーーーーーーーーーー


 準レアは出ませんよっと。
web拍手 by FC2

2018年3月4日日曜日

【MHF-Z】辿異ドラ 神モンスの予感


 過去のドラ韋駄天ではガンスで1位をとり、幻ドラをひたすらリタマラしてソロ討伐していたドラギュロスマスター(自称)な私。そんなわけで「トリドよりも先にドラ来てくれよー」と心の中で叫びたいぐらい辿異ドラも楽しみにしてました。

 で、ソロ討伐出来るぐらいまでやってみましたが、控えめに言って神モンスです。
 今までのドラとは殆ど別物になってますが、ドラの良かった部分が純粋に強化されつつもこちらがやり辛かった部分が改善されてたりするので、ドラの楽しさは全く失われていない感じ。

 あとは妨害行動が少ないのもいい。最近の辿異種って超風圧などの対策が必須に近いレベルで妨害してくるのですが、ドラは超咆哮のみ。それもたまにしか吼えないので、「必須」ではなく「あれば便利」程度に調整されているのもいい(初期の辿異種っぽい)。

 
 これで幻の辿異ドラなんてのがいれば全力でリタマラしたいんですが、果たして存在するのだろうか。
web拍手 by FC2

2018年1月21日日曜日

【MHW】昨日の1枚

 画像貼るだけ。


web拍手 by FC2

2018年1月11日木曜日

【MHF-Z】極みオウガ ランスソロ Part2

 前回の討伐時間が大体「9分25秒前後」のタイム。

 見返してみても多少ミスあるのにこのタイムってことは8分台いけるかな?と思い、挑戦してみたのが今回のPart2です。





 武器のリーチを極長→長へと変えただけで、後はスキル構成含めて一緒です。
 予想通り8分台到達。相変わらず行動運の良さに救われた感こそありますが、この構成であれば討伐自体はかなり安定するっぽいです。

 細かい部分での変更点は以下。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○武器はリーチ長に
手数自体は極長のほうが稼ぎやすいけど、頭を狙うときに胴体に吸われやすいのが極長のデメリット。なので長にして頭への精度を上げてみた。

○地面隆起の際にガードストックを強引に発動
・地面隆起が2連続で来る場合(1回目の後すぐにお手が来ないパターン)
・安置の真ん中にいる場合
・壁ズレやオウガが壁を背負っていない状態

 上記の条件を満たせば、ガードストックを強引に発動可能。やり方としては・・・

1.地面隆起(1発目)を回避しつつ真ん中へ移動
2.オウガの様子を観察し、2発目の地面隆起が来たらすぐにガードストック発動
3.その後の攻撃対処

 2発目の地面隆起の後は電光石火or打ち上げアッパーが来るけど、最速でガードストックを発動すればどれが来ても回避可能。

○刹那後にガードストックを発動する際はワンテンポ置いてから
地味に嫌らしい点。刹那後にすぐガードストックを発動しようとすると、何故か嵐ノ型のシールドバッシュが暴発する。ワンテンポ置いてから発動する。

○ニフラム回避後は振り向き時の前脚削りを刹那する
オウガの振り向き時は前脚に削り判定があるけど、これさえも刹那してしまおうという作戦。位置によっては捲られたりするのでまだ安定しませんが、ニフラム後の振り向き後なら慣れてきました。

 位置とかは画像の通り。オウガの前脚付近で待ち構える感じ。ニフラム以外だと背中からダイブしてきた後とかが狙い目?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 とりあえずこれでオウガは満足。しかしあれだけ手強かったオウガも今となっては刹那の先生的存在ですね。

 個人的にオウガの何が面白いかというと、自分の上達が実感しやすいのがいい。

 刹那の上昇率はもちろんだけど、慣れてくるとそれ分ニフラムのタイミングも早くなるので、「お、ニフラムのタイミングが早くなってきた!」的な感じで上達を実感しやすい。これが他の極み個体にはない魅力だと思ってます。
web拍手 by FC2

2018年1月7日日曜日

【MHW】アップデートでジョーが出るそうだが

 MHFと同様にアップデートが行われるというMHW。その第一弾としてイビルジョーが実装されるらしい。


 うーむ、アップデートで追加される事はすごく嬉しいのですが...個人的にはMHFのように完全新規モンスター(及びそれらの装備)が実装されていくのかと思っていたので、今更ジョーを目玉にしてくるのはちょっと予想外でしたね。

 アップデートでは新規モンスではなく、過去作のモンスを優先的に追加していくのだろうか。そうなると第二弾は「ティガレックス登場!」とかやってきそうな予感がします。
 そして書いてて思ったけどワールドでティガの登場情報が今のところないので、尚更アプデで追加される可能性が高そう。

 とはいえワールド仕様の武器でジョーと戦えるのはやはり興味あります。欲を言えばFからベルや黒レイアとかも出てほしいけどやっぱ難しいんですかねー。
web拍手 by FC2

2018年1月2日火曜日

【MHF-Z】極みオウガ ランスソロ 完


フィニッシュ突きを斜め上にも撃てれば・・・
そう何度も考えていた時代が僕にもありました




■使用装備
レックスZXヘルム     (辿ZX)  Lv7 441 ●●● ラヴィ猛剣珠GX5, ラヴィ剣珠GX2, ラヴィ剣珠GX2
蒼ノ剣雄ZPスーツ     (パZP)  Lv1  0 ●●● 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍
ミドZXアーム       (辿ZX)  Lv7 441 ●●● ラヴィ狂剣珠GX2, ラヴィ狂剣珠GX2, 真天槍珠・青龍
蒼ノ剣雄ZPコイル     (パZP)  Lv1  0 ●●● 真天槍珠・青龍, G級・極剛猛珠, G級・極剛猛珠
ガノZXグリーヴ      (辿ZX)  Lv7 441 ●●● G級・極剛猛珠, ルコ剣珠GX3, ドラギュ剣珠GX4
服Pスロット2                 ★★  G巧撃カフSA1

防御値:1323 スロット:●15○0 火:7 水:3 雷:-4 氷:4 龍:5

辿異スキル
巧撃強化+1,巧流強化,スキル枠拡張+3

発動スキル
槍技【天槍】,不退ノ構,剛撃+5,纏雷,猛進
剣神+2,豪放+3,吸血+1,氷界創生,巧撃
巧流,消費特効,幕無,閃転,雌伏,激励(猟団料理)

天廊武器
反射強化の印
一匹狼の石
反射の石Ⅲ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

装備について
 既に多くの武器でソロ討伐が達成されている極みオウガ。片手剣やスラアクのように非火事場で討伐する武器もある中、ランスで討伐する上で残された課題は「どうやって火力を出すか」でした。

 立ち回りはこれ以上詰める要素がなく、となると装備次第だろうかと判断し、装備が完成したら突撃し、手応えがなければまた作り直しと、立ち回りよりも装備を考えている時間の方が長かったモンスターでした。最新スキルや武器はもちろん、至天でより強力なシジルを求めたり・・・。

 様々な武器やスキルを試していった結果、最終的に自分が辿りついたものは天廊武器+反射強化+巧流強化の3点セットでした。

▼スキル選択
◎反射+3、反射強化+1・・・この2つをセットにした状態で刹那大を発動すると、モーション値92になる。オウガはお手を始め、こちらから手出しは出来ないが、刹那でカウンター出来る場面が非常に多い。今回のメイン火力と言っても過言ではない

◎巧流、巧流・・・刹那に次ぐメイン火力。威力は刹那に劣るが、巧流強化の判定は弱点部位に吸われやすく、面白いように頭に当たってくれる

○消費特効・・・巧流強化と合わせて使う事によりデメリット無く使える。発動しやすいのも嬉しい

○氷界創生・・・けっこう悩んだ末に投入。他のスキルを削ってまで入れる必要はないかも

○吸血・・・振り向き時の削りでキャンセルされることが多いが、スキルの発動しやすさから投入

×一点突破・・・頭に発動できればかなりの火力が期待できる・・・が、まず発動自体難しい。というのもオウガは刹那時の前脚だったり、ボディプレス後の胴体や後ろ脚など、攻撃箇所がバラバラになる事が多く、頭だけをピンポイントで狙える場面が少ない。よって火力スキルとしては期待出来ない

×溜め威力UP・・・ふんばり突きをメインにする場合に有効だが、この立ち回り自体が運ゲーすぎて絶望的に安定しない

×餓狼・・・地面隆起が運ゲーになる。2連続で来る場合、どちらか1発はステップ無しで位置取り回避しないと、次にアッパーが飛んできた場合にスタミナ切れで詰む。位置取り回避自体は難しくない(真ん中が安置)が、オウガが壁を背負っており、尚且つ接近時にやってきた場合、安置が潰されるため回避は無理
▼武器選択
進化武器(煌然)・・・突きの威力だけなら圧倒的だが、反射強化と巧流強化の両立が非常に難しい
ニリィトゥポ・・・実は進化武器よりも火力が出る。しかし同じ理由でNGに
辿異ナス槍・・・毒は非常に有効だが、耐性が上昇する後半になると一気に息切れする
天廊武器・・・攻撃力こそ控えめだが、豊富なスキル拡張性が強力

 正直なところ、天廊武器と進化武器では武器倍率にかなりの差があるため、その倍率差を反射強化や巧流強化だけで覆せるのか?と疑問でしたが、実際にやってみたイメージではその2つ込みでほぼ互角の火力になります。
 しかし天廊武器の場合、そこから更に火力スキルを搭載する事が可能となるため、そこで進化武器達を超える火力を叩き出せるといった感じでしょうか。


戦い方とか
・軸合わせ無しで右脚のお手が来たら全方位ホタルに警戒
軸合わせ後にお手をしたら全方位ホタルが確定だが、ターゲットが正面にいる場合、軸合わせを省略して右お手→全方位ホタルへ派生する場合がある。なので右脚からお手が来た場合は1発目だけ刹那しておき、その後のホタルに警戒しておく。

・壁を背負って戦う
纏雷が切れている場合、ステップの距離が足りずにオウガに接近しすぎてしまい、お手のガードが捲られる場合があるが、壁を背負っておけばその心配も無くなる。ただいきなり壁に誘導するのは難しいので、戦闘中に自然の流れで壁際にいくのが理想。

・巧撃オーラは常に黄色を維持したい
刹那に夢中になってばかりいると巧撃回収を忘れがち。適度に回避を挟んで黄色オーラを維持しつつ刹那を当てて行きたい。

・壁を背負っていないときのタックル対処法
壁を背負っていないときにタックルした場合、オウガは後ろに移動するため、それに合わせて自分も抜刀ダッシュで頭のほうへ回りこむ。そうすればすぐに頭を攻撃できるし、全方位ホタルが来ても回避しやすくなる。

・ニフラムをダイブ回避する際は必ずオウガに接近する
何気に重要点。ダイブで回避する際、オウガから離れた状態でダイブする人がいるが、これは大きな間違い。
何故かというと、オウガへの反撃が遅れるだけでなく、離れる事によって電工石化やノーモーションアッパーorハイパーお手等、厄介なモーションを誘発してしまうため。
オウガに接近していればこれらのモーションはやってこないため、ダイブ回避する際は必ずオウガに接近する。

 あとはドーム連発してくれる良い子を待つのみ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 斜め上にフィニッシュ突きを撃てて頭にぶち込めれば・・・そんな妄想をしすぎて要望を送ろうとまで考えた日もありました。

 片手剣や双剣のように後ろ脚狙いがいいんだろうか、ラヴィ珠を新規作成してもっとスキルを増やすべきか、はたまた氷の進化武器が正解なのか・・・実に色々悩みましたが、いざ達成してみれば実に単純な戦い方だった。
 今から動画を見直してみると、刹那を失敗している場面が多かったり、頭怯み後の追撃が甘かったりなど至らぬ点は多いです。個体運でカバーできた感じかなぁ。

 実装からそろそろ2年経ちますが、ようやく1つの目標が終わりました。次は反射無しで極みナルガでも行ってみようか。
web拍手 by FC2