2018年1月14日日曜日

【MHF-Z】極みオウガ ランスソロ Part2

 前回の討伐時間が大体「9分25秒前後」のタイム。

 見返してみても多少ミスあるのにこのタイムってことは8分台いけるかな?と思い、挑戦してみたのが今回のPart2です。





 武器のリーチを極長→長へと変えただけで、後はスキル構成含めて一緒です。
 予想通り8分台到達。相変わらず行動運の良さに救われた感こそありますが、この構成であれば討伐自体はかなり安定するっぽいです。

 細かい部分での変更点は以下。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
○武器はリーチ長に
手数自体は極長のほうが稼ぎやすいけど、頭を狙うときに胴体に吸われやすいのが極長のデメリット。なので長にして頭への精度を上げてみた。

○地面隆起の際にガードストックを強引に発動
・地面隆起が2連続で来る場合(1回目の後すぐにお手が来ないパターン)
・安置の真ん中にいる場合
・壁ズレやオウガが壁を背負っていない状態

 上記の条件を満たせば、ガードストックを強引に発動可能。やり方としては・・・

1.地面隆起(1発目)を回避しつつ真ん中へ移動
2.オウガの様子を観察し、2発目の地面隆起が来たらすぐにガードストック発動
3.その後の攻撃対処

 2発目の地面隆起の後は電光石火or打ち上げアッパーが来るけど、最速でガードストックを発動すればどれが来ても回避可能。

○刹那後にガードストックを発動する際はワンテンポ置いてから
地味に嫌らしい点。刹那後にすぐガードストックを発動しようとすると、何故か嵐ノ型のシールドバッシュが暴発する。ワンテンポ置いてから発動する。

○ニフラム回避後は振り向き時の前脚削りを刹那する
オウガの振り向き時は前脚に削り判定があるけど、これさえも刹那してしまおうという作戦。位置によっては捲られたりするのでまだ安定しませんが、ニフラム後の振り向き後なら慣れてきました。

 位置とかは画像の通り。オウガの前脚付近で待ち構える感じ。ニフラム以外だと背中からダイブしてきた後とかが狙い目?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 とりあえずこれでオウガは満足。しかしあれだけ手強かったオウガも今となっては刹那の先生的存在ですね。

 個人的にオウガの何が面白いかというと、自分の上達が実感しやすいのがいい。

 刹那の上昇率はもちろんだけど、慣れてくるとそれ分ニフラムのタイミングも早くなるので、「お、ニフラムのタイミングが早くなってきた!」的な感じで上達を実感しやすい。これが他の極み個体にはない魅力だと思ってます。
web拍手 by FC2

2018年1月7日日曜日

【MHW】アップデートでジョーが出るそうだが

 MHFと同様にアップデートが行われるというMHW。その第一弾としてイビルジョーが実装されるらしい。


 うーむ、アップデートで追加される事はすごく嬉しいのですが...個人的にはMHFのように完全新規モンスター(及びそれらの装備)が実装されていくのかと思っていたので、今更ジョーを目玉にしてくるのはちょっと予想外でしたね。

 アップデートでは新規モンスではなく、過去作のモンスを優先的に追加していくのだろうか。そうなると第二弾は「ティガレックス登場!」とかやってきそうな予感がします。
 そして書いてて思ったけどワールドでティガの登場情報が今のところないので、尚更アプデで追加される可能性が高そう。

 とはいえワールド仕様の武器でジョーと戦えるのはやはり興味あります。欲を言えばFからベルや黒レイアとかも出てほしいけどやっぱ難しいんですかねー。
web拍手 by FC2

2018年1月2日火曜日

【MHF-Z】極みオウガ ランスソロ 完


フィニッシュ突きを斜め上にも撃てれば・・・
そう何度も考えていた時代が僕にもありました




■使用装備
レックスZXヘルム     (辿ZX)  Lv7 441 ●●● ラヴィ猛剣珠GX5, ラヴィ剣珠GX2, ラヴィ剣珠GX2
蒼ノ剣雄ZPスーツ     (パZP)  Lv1  0 ●●● 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍
ミドZXアーム       (辿ZX)  Lv7 441 ●●● ラヴィ狂剣珠GX2, ラヴィ狂剣珠GX2, 真天槍珠・青龍
蒼ノ剣雄ZPコイル     (パZP)  Lv1  0 ●●● 真天槍珠・青龍, G級・極剛猛珠, G級・極剛猛珠
ガノZXグリーヴ      (辿ZX)  Lv7 441 ●●● G級・極剛猛珠, ルコ剣珠GX3, ドラギュ剣珠GX4
服Pスロット2                 ★★  G巧撃カフSA1

防御値:1323 スロット:●15○0 火:7 水:3 雷:-4 氷:4 龍:5

辿異スキル
巧撃強化+1,巧流強化,スキル枠拡張+3

発動スキル
槍技【天槍】,不退ノ構,剛撃+5,纏雷,猛進
剣神+2,豪放+3,吸血+1,氷界創生,巧撃
巧流,消費特効,幕無,閃転,雌伏,激励(猟団料理)

天廊武器
反射強化の印
一匹狼の石
反射の石Ⅲ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

装備について
 既に多くの武器でソロ討伐が達成されている極みオウガ。片手剣やスラアクのように非火事場で討伐する武器もある中、ランスで討伐する上で残された課題は「どうやって火力を出すか」でした。

 立ち回りはこれ以上詰める要素がなく、となると装備次第だろうかと判断し、装備が完成したら突撃し、手応えがなければまた作り直しと、立ち回りよりも装備を考えている時間の方が長かったモンスターでした。最新スキルや武器はもちろん、至天でより強力なシジルを求めたり・・・。

 様々な武器やスキルを試していった結果、最終的に自分が辿りついたものは天廊武器+反射強化+巧流強化の3点セットでした。

▼スキル選択
◎反射+3、反射強化+1・・・この2つをセットにした状態で刹那大を発動すると、モーション値92になる。オウガはお手を始め、こちらから手出しは出来ないが、刹那でカウンター出来る場面が非常に多い。今回のメイン火力と言っても過言ではない

◎巧流、巧流・・・刹那に次ぐメイン火力。威力は刹那に劣るが、巧流強化の判定は弱点部位に吸われやすく、面白いように頭に当たってくれる

○消費特効・・・巧流強化と合わせて使う事によりデメリット無く使える。発動しやすいのも嬉しい

○氷界創生・・・けっこう悩んだ末に投入。他のスキルを削ってまで入れる必要はないかも

○吸血・・・振り向き時の削りでキャンセルされることが多いが、スキルの発動しやすさから投入

×一点突破・・・頭に発動できればかなりの火力が期待できる・・・が、まず発動自体難しい。というのもオウガは刹那時の前脚だったり、ボディプレス後の胴体や後ろ脚など、攻撃箇所がバラバラになる事が多く、頭だけをピンポイントで狙える場面が少ない。よって火力スキルとしては期待出来ない

×溜め威力UP・・・ふんばり突きをメインにする場合に有効だが、この立ち回り自体が運ゲーすぎて絶望的に安定しない

×餓狼・・・地面隆起が運ゲーになる。2連続で来る場合、どちらか1発はステップ無しで位置取り回避しないと、次にアッパーが飛んできた場合にスタミナ切れで詰む。位置取り回避自体は難しくない(真ん中が安置)が、オウガが壁を背負っており、尚且つ接近時にやってきた場合、安置が潰されるため回避は無理
▼武器選択
進化武器(煌然)・・・突きの威力だけなら圧倒的だが、反射強化と巧流強化の両立が非常に難しい
ニリィトゥポ・・・実は進化武器よりも火力が出る。しかし同じ理由でNGに
辿異ナス槍・・・毒は非常に有効だが、耐性が上昇する後半になると一気に息切れする
天廊武器・・・攻撃力こそ控えめだが、豊富なスキル拡張性が強力

 正直なところ、天廊武器と進化武器では武器倍率にかなりの差があるため、その倍率差を反射強化や巧流強化だけで覆せるのか?と疑問でしたが、実際にやってみたイメージではその2つ込みでほぼ互角の火力になります。
 しかし天廊武器の場合、そこから更に火力スキルを搭載する事が可能となるため、そこで進化武器達を超える火力を叩き出せるといった感じでしょうか。


戦い方とか
・軸合わせ無しで右脚のお手が来たら全方位ホタルに警戒
軸合わせ後にお手をしたら全方位ホタルが確定だが、ターゲットが正面にいる場合、軸合わせを省略して右お手→全方位ホタルへ派生する場合がある。なので右脚からお手が来た場合は1発目だけ刹那しておき、その後のホタルに警戒しておく。

・壁を背負って戦う
纏雷が切れている場合、ステップの距離が足りずにオウガに接近しすぎてしまい、お手のガードが捲られる場合があるが、壁を背負っておけばその心配も無くなる。ただいきなり壁に誘導するのは難しいので、戦闘中に自然の流れで壁際にいくのが理想。

・巧撃オーラは常に黄色を維持したい
刹那に夢中になってばかりいると巧撃回収を忘れがち。適度に回避を挟んで黄色オーラを維持しつつ刹那を当てて行きたい。

・壁を背負っていないときのタックル対処法
壁を背負っていないときにタックルした場合、オウガは後ろに移動するため、それに合わせて自分も抜刀ダッシュで頭のほうへ回りこむ。そうすればすぐに頭を攻撃できるし、全方位ホタルが来ても回避しやすくなる。

・ニフラムをダイブ回避する際は必ずオウガに接近する
何気に重要点。ダイブで回避する際、オウガから離れた状態でダイブする人がいるが、これは大きな間違い。
何故かというと、オウガへの反撃が遅れるだけでなく、離れる事によって電工石化やノーモーションアッパーorハイパーお手等、厄介なモーションを誘発してしまうため。
オウガに接近していればこれらのモーションはやってこないため、ダイブ回避する際は必ずオウガに接近する。

 あとはドーム連発してくれる良い子を待つのみ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 斜め上にフィニッシュ突きを撃てて頭にぶち込めれば・・・そんな妄想をしすぎて要望を送ろうとまで考えた日もありました。

 片手剣や双剣のように後ろ脚狙いがいいんだろうか、ラヴィ珠を新規作成してもっとスキルを増やすべきか、はたまた氷の進化武器が正解なのか・・・実に色々悩みましたが、いざ達成してみれば実に単純な戦い方だった。
 今から動画を見直してみると、刹那を失敗している場面が多かったり、頭怯み後の追撃が甘かったりなど至らぬ点は多いです。個体運でカバーできた感じかなぁ。

 実装からそろそろ2年経ちますが、ようやく1つの目標が終わりました。次は反射無しで極みナルガでも行ってみようか。
web拍手 by FC2

2017年12月17日日曜日

【MHW】リオレウス ランスソロ

 βテストの思い出としてレウスだけ撮ってきました。PS4はSHAREボタンを押すだけでスクショも動画も両方撮れるし、簡単な編集もPS4だけで行えるのでかなり快適。



 罠閃光使わずギリギリ8分台討伐。撃墜した位置が悪くて中段突きしか当たらなかったり、滝から落とした後に頭を攻撃出来なかったりと色々と残念な部分が目立ちます。

 また、後半必死こいて登山してますが、ファストトラベルという21世紀ならではの素晴しい機能を使えば、こんなことをしなくても一瞬で追い付くみたいです(今頃知った)

戦い方
飛行モード
・炎噛み付きと尻尾回転は頭の位置が低くなるため、上段突きで確実に狙っていく
・頭突きと引っ掻きは出が早く、尚且つ振り向きつつやってくるため引っ掛かりやすい。カウンターの準備をしておくといい。ガード後は少し頭を攻撃可能
飛びながら後退したら次はブレス確定。ガードダッシュで避ける
・拘束攻撃はガード出来ない。これもガードダッシュで避ける
・溜め毒爪キックが来たらカウンター→パワーガードで受け止める。受け止めた後、すぐに後ろを向きつつカウンターを出すことで最大溜めの突きが頭に当たる。これで撃墜できると気持ちいい

地上モード
・懐には絶対に潜らない。地上版毒爪キックの餌食になる
・レウスの正面で噛み付きをカウンターすると、噛み付き本体は食らわないが火やられになってしまう。少し軸をずらした状態でカウンターすれば火やられにならず済む
・怒り移行時の咆哮を食らうと、位置次第ではバックブレスの被弾が確定する。確実にカウンターを決めたい

その他
・今回のレウスは地上モードと飛行モードの切り替えが明確になっているようで、一旦地上へ降りた後はしばらく飛ばない(怒り移行時のバックブレスは除く)
・その逆も然りで、飛行モード以降後は一定時間経過するまで降りてこない(何となくアルバっぽくなってます)
・エリア移動時は確定で咆哮する(他のモンスも同様っぽい)

 ワールドレウスの醍醐味と言えば「飛行中の撃墜」これに尽きます。頭怯みでなければ落ちなくなった(足怯み等では落ちない)という強化を施されてますが、頭が低い位置に来る時が多いし、ランスのリーチも相まって閃光無しでも普通に戦えるレベルです。

 ブレスを筆頭にガード性能無しでは削られる攻撃が増えているので、製品版では風圧無効よりもガード性能を付けて再戦してみたいですね。もっと手数を増やせて楽しくなるはず。
web拍手 by FC2

2017年12月10日日曜日

【MHW】ワールドのリオレウスが楽しい


 本日からワールドのβテスト開幕。この日のためにリオレウスエディションを買って待っておりました。やっぱPS4だけであってグラフィックは半端ないですね。

食事も超リアル
 実際に触ってみると、良くも悪くもモンハンだなっていう印象です。便利になった部分もあれば多少不便になった部分(斬れ味低下時にメッセージが表示されない等)もありますが、より一層発売日が楽しみになりました。

 クエストは3種類あるのですが、隠しキャラ的な存在でレウスやディアとも戦えます(まぁ討伐してもクリアにならないが)。


 残り10分ですのメッセージが出てから少しして討伐。エリア移動されると中々厄介なのですが、2番目の森エリアで瀕死に追い込めればそのまま巣に帰還する(つまり直前のエリア)ため、巣→森→巣のルートで討伐してます。滝で落ちた場合は知らない。

 さて今回のレウスですが、強化されている部分もありますが、以下のように弱体化している部分も目立ちます。

・地上にいる時に放たれる超高速バックブレスが削除(怒り移行時だけ)
・空中で後退しながらバックブレスもやってこない
・尻尾回転に明確な予備動作がついた
 
 トライ以降のレウスは上記の部分で悩まされていたのですが、それらが無くなるだけでこうも戦いやすくなるとは!あとワールドツアーもまだ見てない気がする。
 飛行頻度自体は過去最高に飛びまくるのですが、あんまりその場から動かなくなっているのと、空中で頭を下げる新モーションがいくつか追加されているのも相まって、そこで頭を狙って撃墜させたりできます。

 まぁランスしかやってないので他武器でやった場合はどうなるのかは分かりませんが、少なくともランスとはかなり相性が良くなってます!
web拍手 by FC2

2017年12月2日土曜日

【MHF-Z】辿異種イナガミ ランスソロ攻略

 
 色々と頑張った結果、大嫌いなモンスターから嫌いなモンスターになりました。




■使用装備

イナガミZYヘルム     (未)   Lv1  0 ●●● 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍
イナガミZYメイル     (未)   Lv1  0 ●●● 真天槍珠・青龍, 真天槍珠・青龍, ラヴィ狂剣珠GX2
ナルガGXアーム      (遷GX)  Lv7 419 ●●● ラヴィ狂剣珠GX2, ラヴィ射珠GX2, ラヴィ射珠GX2
白ノ穿光ZPコイル     (未)   Lv1  0 ●●● ラヴィ剣珠GX2, パシオ剣珠GX2, 祖龍剣珠GX1
チアリムZPフット     (ガZP)  Lv1 398 ●●● パシオ剣珠GX3, リエブレ剣珠GX5, 鬼穿剣珠GX3
服Pスロット2                 ★★  スキル枠カフSZ

防御値:817 スロット:●15○0 火:-2 水:8 雷:-7 氷:8 龍:8

辿異スキル
スキル枠拡張+3,閃転強化+1,巧撃強化+1

自動発動スキル
回避性能+2

発動スキル
槍技【天槍】,不退ノ構,剛撃+5,纏雷,猛進
剣神+2,豪放+2,一匹狼,吸血+1,氷界創生
巧撃,幕無,閃転,雌伏,一点突破

※ZYでシミュってますが、実際はZXですので一点突破が付きます。


 立ち回りを記載する前に、イナガミの行動についていくつか愚痴りたい。


▼引っ掻き
 イナガミは引っ掻きが非常に厄介な物になっている。動作自体はシンプルだが、前脚を破壊する前は引っ掻きの後にタケノコが出現、このタケノコにも判定がある。
 ここで厄介なのがタケノコの判定持続時間が長いということ。引っ掻きに反応・回避出来ても無敵時間が切れる前にタケノコを避けきれず当たってしまう。
 更にタケノコは一方方向だけでなく左右に出現する。それにより引っ掻きを繰り出すタイミングと位置によっては、左右どちらに避けても被弾が確定する。

 幸い範囲は狭いため、攻撃範囲外へ逃げるように(イナガミから離れるように)避ければ当たらないこともある。また、非怒り時ではタケノコの判定時間が短くなる?のか、怒り時と比べて回避しやすくなる。


▼飛び掛かり→2連尻尾振り
 原種の零距離突進が消えたと思ったら、それ以上に面倒な攻撃が追加された。最初の飛び掛かりの判定が強烈で予備動作は全く無く、尚且つ確定パターン等も無いため、基本的には飛び掛かりに当たらない位置に移動して対処する事になる。

 怒り時は尻尾振りと同時に睡眠ガスもばら撒くが、向かって左側で避けた場合、睡眠ガスが設置されない安置があるため、その安置へ飛び込むことで楽に対処可能。逆に右側で避けると安置が存在しないため回避が困難になる。

 また壁際でやってきた場合、睡眠ガス自体は問題ないが、今度は尻尾本体の判定を避ける必要が出てくる。この尻尾判定も左側で避ければ1回目は当たらず、2回目だけ避ければいい。右側で避けると2回とも攻撃範囲になるため、回避は無理。

 上記のように対処が困難な割には攻撃後の隙が少なく、向きも変わるため尻尾も追撃出来ない、そして距離を離されるため連発される可能性もあるというただの出し得攻撃。


▼打ち上げコンボ
 予備動作無しの超高速で尻尾回転して打ち上げ、追撃する。今までの即死コンボには明確な予備動作があったり、辿異ギアのように攻撃タイミングが決まっている物もあったが、イナガミの即死コンボにはそんなものは1つもない。

 ただし尻尾の出始め…つまり向かって左側には判定が無いため、イナガミが行動し始めるタイミングで左側へ移動しておけば立ってるだけで避けられる。見た目的に尻尾が届かない右側は一見すると安全のように思えるが、実は右側は罠(詳しくは後述)。


▼尻尾ビターン→薙ぎ払い→再度尻尾ビターン
 一瞬溜めた後に尻尾ビターンし、そのまま半回転、そして再度尻尾ビターンする。この攻撃の対処ポイントは以下の2つある。

・攻撃時の位置取り
・初動の超震動

1.攻撃時の位置取り
 この攻撃時、尻尾は向かって左側から右側へと半回転させる。右側にいれば回転に当たらない…と思いきや、終点付近で撓る尻尾に異常なほど判定が長く残る。更に動作が完全に停止するまで複数ヒット付き。このため、右側にいるとこの尻尾判定の餌食となってしまう。

 左側にいる場合、回転自体は避ける必要があるが、そこを避けてしまえば攻撃し放題or超震動をガードして雌伏回収のチャンスにもなる。上記の「右側は罠」というのはこの事。

2.初動の超震動
 イナガミは尻尾の攻撃に超震動が付いているが、予備動作が短い+広範囲という事で、慣れない内はこの攻撃の超震動が最も被弾率が高いと思う。
 前脚だけで器用に立ち上がるのが予備動作なので、それを見たら回避準備する形となる。

 以上をまとめると、左側に陣取りつつ予備動作に注意し、攻撃の予備動作を見たら回避準備→震動回避→続けて尻尾回転を回避...という感じになる。


▼地面叩き付け→竹出現→竹を咥えつつ回転攻撃
 予備動作が明確なのに加え、雌伏回収チャンス、そして攻撃後に隙有りと、イナガミの中では最も美味しい行動。これに対するこちらの動きは以下
 
予備動作を見たら若干離れて待機→叩き付けを刹那+バクステ
→竹も刹那+バクステ→最後の回転は回避

 この攻撃も左側で受け止めつつ、バックステップで下がっておくのが理想。そうすることで最後の回転後、イナガミの尻尾が目の前に来るため絶好のチャンスとなる。

 ただしこれを連続でやってくると最終的に壁際まで移動してしまうため、その際は右側に移動して向きを調整した方が良い。



 まだ他にもモーションはあるのですが、とりあえずイナガミ戦は上記の攻撃さえ抑えておけばOKという認識で問題ありません。


今回の作戦
■辿異武器+一点突破で尻尾破壊
 イナガミは尻尾を破壊する事で怒り移行しなくなり、更に超震動も消えるのでかなり弱体化する。また手数が稼ぎにくいことを前提に調整しているのか、他の辿異種と比較すると発達部位の耐久値が半分ほどしかない(火事場+辿異武器でやると3分掛からず破壊可能)。

 また、尻尾を攻撃するために後方へ張り付くことによって、岩飛ばしなど隙だらけの行動を誘発できる上、引っ掻きを誘発しづらくなる(仮に引っ掻きが来てもガードで対処可能)ので、火力を維持しつつ立ち回りも安定する。

 よって、辿異武器+一点突破を使用し速攻で尻尾破壊する事から始める。

■時計回りで立ち回る
 行動記載した通り、イナガミは時計回りで立ち回ったほうが楽。以下にまとめる。

・飛び掛かり→2連尻尾振り…時計回りなら睡眠ガスに安置がある。壁際で来ても尻尾振り回避が楽
・打ち上げコンボ…左側には判定がない
・尻尾ビターン…終点で撓る尻尾を気にする必要がない
・地面叩き付け…最後に尻尾を攻撃し放題

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

立ち回り方

尻尾破壊前
・まずは尻尾付近に移動する。・ポイントは岩飛ばしの誘発+裁き方と、フィニッシュ突きの当て方。こちらへお尻を向けるように軸合わせしたら岩飛ばしor尻尾叩き付けが来るので、まずは軸をずらして様子見する
 ┗尻尾叩き付けが来た場合、1発目は震動回避。2発目と3発目は刹那で雌伏回収する
 ┗岩飛ばしだったら範囲外へ待機し尻尾攻撃

フィニッシュ突きは武器の先端ギリギリを当てるようにする。根元を当てる=イナガミの中心軸に接近しすぎるとノーモーションで岩飛ばしが飛んでくるため。先端ギリギリで当てる距離であれば軸合わせを誘発できる

・開花爆発後にも尻尾攻撃出来るが、ここでフィニッシュ突きを当てると次に引っ掻きが来た時に反応できないため、水平付き1回で止めておくのがベスト

尻尾破壊後

 全力でぶっ潰す

 前脚から破壊しておくとタケノコも封印でき更に安定する

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 最終的に思った事としては、イナガミは立ち位置や距離感が大事だというのを教えてくれるモンスターっていう感じはしますね。最初はエルゼリオンと同じ臭いがするモンスターかと思いましたが、そこが分かれば面白みが出てくると思います。
web拍手 by FC2

2017年11月14日火曜日

【MHF-Z】アマツの報酬画面で遊ぶ

 本家と異なりアマツ討伐時は必ずマップ中央へワープする。そのため、報酬画面の背景は毎回同じ構図となる。

 個人的に報酬画面の背景って面白い画像だったり、カッコいい場面だったりと、人生で一度しか見れない“奇跡の瞬間”だったりするわけでとても大好きなんですが、こうも毎回同じ背景では面白みがない。

 そこで同じ位置にワープすることを利用し。入魂や素材集めのついでに遊んでみた。


 これは???人形で遊んでみた例ですね。討伐する直前に人形を置いておき、毎回少しずつ調整しながらこちらの背景が完成。うーむ、もう少し左に置いて真ん中になるようにしてもよかったかもしれない。

 ちなみに置く位置は以下です。


 今回は人形だったけど花火や癒し種を置いてみてもいいかもしれない。PTだったらネタ装備でドヤ顔してみたり。

 ただの素材集めに飽きたら、こういう遊び方もアリですね。
web拍手 by FC2