2021年1月13日水曜日

【MHRise】ライズのタマミツネ 攻略メモ

 ワールド時代の復活モンスターと比べると大胆な変化こそしていないですが、行動パターン含め過去作よりだいぶ別物になっているので、自分のメモがてらまとめます。

▼泡纏い状態の追加
 クロス時代のタマミツネは泡を使用した攻撃があり、その攻撃中に一定ダメージを与えることで特殊ダウンが発生した。
 ライズではこの仕様が削除され、新たに泡纏い状態という「怒り状態限定」の強化状態が追加。イメージとしてはラージャンの闘気硬化と同じような強化と考えていい。

 怒り移行後、確定でその場でグルグル回って泡を大量に飛ばすが、このモーションが泡纏い移行の合図。この状態になると見た目も若干変化し、身体から細かい泡を飛ばすような見た目になる。
 泡纏い状態の特徴として、半回転ブレスが2周するようになったり、回り込んでからのブレスがスライドしながら撃ってくるようになる、左回転尻尾を滑りながら行うなど特定の行動が強化される。
 また、この泡纏い移行行動はたとえ怯みで妨害されても意地でもやろうとするらしく、例えば怒り移行の咆哮時に怯ませる、ダウンさせる、スタンさせるなど妨害しても、復帰後に即泡を纏ってくる。
 泡纏いのモーションそのものを潰せばやってこないが、モーションを開始した時点ですでに泡纏いに移行した扱いになる。

 この状態で一定ダメージを与えると泡纏い状態が解除され、同時に特殊ダウンが発生してダウンする。ダメージを与える部位はどこでも良く、一定ダメージさえ与えられれば頭だろうが尻尾だろうがどこでもいい。
 また、この特殊ダウンは頭の部位破壊ダウン、そしてスタン中の場合は怯み値が超過せず残り1で止まる。頭破壊でダウン→起き上がった瞬間にまた連続ダウンという現象が発生するのはこのため(頭怯みなどただの怯みモーション中は超過せず、怯みモーションをキャンセルして特殊ダウンする)

 ちなみに泡纏いは1度解除しても、途中でもう1度纏いなおしてくるが、その泡纏いに関しては解除しても特殊ダウンせず、代わりに怒り解除される。

▼頭破壊or特定回数ごとの怯みで転倒
 頭破壊で転倒するようになった。そして破壊後も頭怯みするたびに転倒。
 怯むたびに毎回転倒するわけではなく、〇回目の怯みで転倒みたいな感じ。おそらく3回毎?

▼2連噛みつきの頻度ダウン&動作高速化
 クロス時代は連発してきた2連噛みつきだが、ライズでは使用頻度がかなり減った。ただしその分咄嗟に来た時の反応がしづらいのと、予備動作が僅かに減っているので、モーション自体はむしろ強化されている。

▼大回転の仕様変更
 タマミツネの元祖大技。ライズ版ではいくつか仕様変更された。

・一定体力毎にやってこない(恐らく完全ランダム?)
・バックジャンプしてすぐにやってくるようになった。クロスではバックジャンプ→宙返り→大回転…と、2回目に宙返りを行っていたが、ライズではこの宙返りがなくなった。

・背中破壊がかなりやりやすくなった
 クロス時代ではちゃんと背びれを狙わないと破壊できなかったけど、ライズでは胴体を殴ってるだけで破壊可能。全員近接でも普通に戦っていたら勝手に壊れてるレベルで壊しやすい。

▼確定行動がいくつか追加
 以下は例です。

・2連ステップしつつ泡飛ばし→半回転ブレスor尻尾叩き付け
・少し横に回り込み→サマーソルト
・少し距離を離して泡飛ばし→非怒りなら風格歩き(多分)
・横に回り込み→噛みつき(上のマサソとは回り込む角度などが違う)
・縦なぎ払いブレス→横なぎ払いブレス
・後ろに後退→泡→回り込んでブレス(泡纏いならスライドしつつ撃つ)
・バックジャンプ→泡を出した場合は尻尾叩き付け。泡が出ない場合は大回転


 とりあえずこんな感じです。新しく見つけたら追記するかもしれません。
web拍手 by FC2

0 件のコメント:

コメントを投稿