2012年8月2日木曜日

【MHF】特異固体グレンゼブルに行ってきた

良い意味でも悪い意味でも楽しみにしていたHCグレンゼブル。早速行ってきました。

 BCスタート、頂上に到達すると降りてくるのは従来と一緒。見た目は角がより巨大化している以外は良く分からず、外見の変化はヴォル並みに少ない気がします。・・・夜で見難いせいだと思いたい。

 ひとまず数回行ってみて気付いた点、新モーションとか。

・角突き刺し→打ち上げ
 PVでも披露していた攻撃。ガード2でも削られる。判定時間は相当短く、突き刺すと同時に回避で安定。かなり適当なタイミングでも避けれたので恐らく回避性能不要。

・デンプシー
 角で地面を抉りながらタックルを繰り出すデンプシー攻撃。攻撃中は完全にグレンのターン。尻尾先端までしっかりと判定があり、更に若干前進しながら繰り出すため、攻撃終了時に距離が離れて追いかけるのが少し面倒。逆に言えば勝手に背後を取れるので自然と尻尾攻撃チャンスになる。

 あと1回目の怯みで尻尾破壊できた気がする(デュラ同様に調整されているのかも)、体力はあまり変化なし。



 早速戦ってみての感想ですが、個人的なHCモンスター完成度は・・・

 良←テオ>ドラ=クシャ>>>茶ナス>グラビ=ガロン>グレン>>>>ババ>超えられない壁>>>>ラー→悪

 あくまで主観ですが、一通り戦ってみてHCモンスターには「戦いやすく調整されたモンスター」「ストレートど真ん中級の純粋な強化が施されたモンスター」の2パターンがある気がします。実際戦ってみると良いモンスターと悪いモンスターの差が激しく、自分が好きな敵の大半は前者に分類されるモンスターです。後者も面白いモンスは居ますが、悪い部分が強化されてしまい、好みが分かれるモンスが多い感じです。今回のグレンは中間辺りですね。

 特にHCで最も改良されたであろうテオはハメれば美味いし、ガチれば楽しいと個人的にHCモンスでは最高傑作の完成度。相方であるナナをHC化する際もテオを基準に強化してくれればノーモーション突進も消えて中々戦い甲斐のある良モンスになりそうです。

 グレンの紹介だったのに、テオの紹介の様な記事になってしまった・・・。
web拍手 by FC2

3 件のコメント:

  1. あんな遅いデンプシー初めて見ましたw
    上位と剛種たのしみですヽ(・∀・)ノ

    返信削除
  2. 剛種で9.0の悪夢が再来するかな…
    装備水準上がってるから失敗率そんなに高くならなそうですね
    また初期エリアで3乙終了とかいう荒業を見せて欲しいものです

    返信削除
  3. パターンに嵌めれないモンスは悪か・・・

    返信削除